水沢うどん街道で。

日本三大うどん-秋は水沢うどんをすすりたい編~

日本三大うどんと正式に称するものはありませんが
一般的に名が通っている箇所は
讃岐うどん(香川)/稲庭うどん(秋田)/水沢うどん(群馬)/
五島うどん(長崎五島列島)/氷見うどん(富山)/きしめん(名古屋)など。

十数軒が連なるのでどのお店がいいのか迷いますね。
午後早めにはどの店も店じまいなのでご注意を。
お天気が悪く写真が暗いです。
イメージ 1
★ご当地名物-水沢うどんの特徴
手打ちですが讃岐うどんのような太さと力強さはありません。
程よい弾力ともちもちっとした長~い透明感のある麺です。
これをちゅるちゅると。。喉こしはもう、堪りません♡

機会があれば、一度お店で茹で立てを味わって頂きたいうどんです。
が、なぜか観光地値段(笑)
どのお店もセット、単品価格、高めです。
覚悟して食べて来て下さいませ。
お土産で頂くなら乾麺より半生麺がより近い感じに茹で上がるようです。

田丸屋(たまるや)             

なんたって歴史があるから併設のPも店内も広く席数もびっくりするくらい多いです。
店内の造りも至る所で格式と風格を感じます。
下駄箱が面白いです。
イメージ 2

出迎えの布袋様
イメージ 3

えへっ


お土産も別建物で販売。贈答用には失礼の無いお品が並んでいました。

イメージ 4

昼時を過ぎていたのですんなり入れました。
週末は団体やツアーの受付はしてないそうです。一般客優先のようです。ありがたいですね。
大人ですから高いメニュー頂きますよ(笑)
イメージ 5

★布袋様福膳
二色つゆ(胡麻・醤油)もりうどん・舞茸等の天ぷら・小鉢二品のセット


イメージ 6

店員さんがキャスター台で運んできます。お茶のお替わりはセルフです。
お湯ポットが各テーブルの下にすでに置いてあり、茶っパが入った急須を置いて去ります。
なんせ、大きなお店ですもんね。

イメージ 7

う、やっぱりあなたは美しい♬
田丸屋さんの胡麻つゆはものすごくうどんと相性がいい味でした。
いいお味の発見です。
残念なのは舞茸の天ぷらが重かった。一度にたくさん揚げてるんだろうな。。

で、前回は
大澤屋(おおさわや) 第二店舗            

個人や少人数で入るなら第二店舗がおすすめ。

イメージ 8
先に田丸屋さんの看板が見えます。
イメージ 9

アットホームな感じ。

イメージ 10

この上物の海苔とかはいらないなぁと思った記憶があります。
田丸屋さんのよりちょっと機械的な細めな切り方で色は白い。食感と長さはほぼ同じです
舞茸の天ぷらの揚げ加減はとても良かった。おつゆは醤油味で頂きました。

2016.10月の水沢うどんの美味しいお店